MENU
HOME 忍術屋敷・忍術の歴史 見どころ お知らせ 忍者コラム ご利用案内とアクセス ENGLISH WEBSITE

甲賀流忍術屋敷 | 今に残る本物の忍術屋敷

忍者ってかっこいい?

忍者ってかっこいい

忍者、忍者って、本当にいたんだろうか。 漫画や、映画、そして小説などによく出てくるし、スーパーマンの様に人間ばなれした活躍をするが、本当にそんな事ができたんだろうかと疑問がうかぶけど、実際はどうなんだろう。

  我々のもっているイメージと、現実はずいぶん違う様である。忍者の行動は、遊びやスポーツではない。
生活がかかっているだけではない。その一つ一つの動きには命がかかっている。
失敗は一度たりとも許されない、真剣勝負の連続で、張り詰めた緊張の中での動きが要求される。

 そのため、つね日頃から厳しい訓練と、その訓練に耐えるだけの頑健な身体である事がまず第一で、その技も、術も、人に見せるものでもなく、唯ひたすらに常に自分自身を切磋琢磨して来たるべきときに備えるという、まったく割りの合わない仕事である。

 「忍術は国家を安平にして大敵悪党を滅ぼす術なり」
又、「音もなく、臭いもなく、知名もなく、勇名もなし、その功天地造化の如し」
ともいわれる。